Archive for 10月, 2015

血行をよくして肌力アップ

肌力のアップには、血行の促進が欠かせません。肌細胞を元気にするためには、栄養状態が良くなければなりません。その栄養は何を介して運ばれるのかというと血液です。食べ物から摂取したエネルギーも血液に乗って体の隅々まで運ばれていきますので、その流れに問題があれば必要な栄養素がきちんと届けられなくなります。十分な栄養が届けられれば肌は順調に細胞分裂を繰り返しますので、ターンオーバーの周期も正常化されます。年を重ねると共にターンオーバーの周期は長くなっていきますが、ターンオーバーの周期の乱れが肌トラブルや年齢肌につながりますので、できるだけ短い間隔で肌の生まれ変わりが行われるようにお手入れをしなければなりません。
血液の流れを良くするためには、お湯と水で交互に洗ったりマッサージをすることが有効です。日々の洗顔に取り入れることができれば、毎日継続して対策を行うことができますので、効果は早く出ます。季節によっても血流は変わり、寒くて血管が収縮しやすい冬場には末端の冷えに悩まされる人も増えます。そのような環境の時には全身で同じようなことが起きていますので、血液の流れを良くするために体を温める食材などを摂る必要があります。

肌力をUP!休日に行うスペシャルスキンケア

忙しい平日の疲れは、年齢を重ねるにつれ、お肌にあらわれます。毎日フルメイクやストレスなどにさらされてしまった肌は、気づかないところで悲鳴を上げているのです。休日は睡眠をしっかりとり、ビタミンが豊富な果物や野菜を十分にチャージしましょう。そして、お肌へのスペシャルスキンケアも忘れずに。普段からフルメイクの人は、休みの日こそ、肌をリセットするチャンスです。冬は、空気が乾燥し、お肌も乾きがちの為、化粧水や乳液、クリームの使用が欠かせないでしょう。しかし、比較的湿度が高く、皮脂が多くなりがちな夏場は、敢えて洗顔後に何もつけずに、お肌を休ませてあげることも一つの方法です。自然派の化粧品と言っても、ケミカルなものが全く含まれているとは限りません。潤いを外から与え続けていると、肌本来の保湿機能やバリア機能が低下し、ちょっとしたことでも乾燥を感じる肌になってしまいます。休みの日は、できるだけ日焼け止めなどを塗らなくてもすむような生活をしてみましょう。水洗顔の後、くすみケアのヨーグルトパックがおすすめです。ヨーグルトには古い角質をマイルドに除去してくれる効果があります。また、乾燥が激しい場合は、ハチミツパックも効果的。休みの日にしかできないスペシャルなケアで、お肌をいたわりましょう。

肌力を底上げするシミケア・美白ケア

シミをケアして美白するには肌本来の持つ力、肌力を底上げする必要があります。
様々な美白化粧品が販売されているので、それらを使って外側からケアするのもいいですが、肌本来の持つ力を呼び覚ますには、食事やサプリなどをとって体の内側からきれいにする必要があります。
そのために栄養バランスのとれた食事、良質な睡眠、ストレスの発散などの健康的な生活習慣は大前提となります。これらができていないと、いくら高価な化粧品を使ったり、サプリを飲んでもあまり効果がありません。まずは何よりも人間らしい生活習慣にすることです。
それを大前提としてまずとりたいのがビタミンCとビタミンAです。ビタミンCはシミの元になるメラニンの生成を抑制する効果、そしてコラーゲンの生成を活性化し、肌にハリや弾力をもたらす効果も知られています。つまりシミを防ぎつつ肌にハリをもたらすことができるのです。ビタミンAは肌のターンオーバーを促進する効果で知られています。シミの原因であるメラニンをターンオーバーでスムーズに排出できればシミとなることはありません。予防という点でも、できてしまったシミを排出するという点でも、ビタミンCとビタミンAの摂取は非常に効果的なのです。

肌力がアップする食事法

肌力とは肌本来の力のことをいいます。人間は紫外線やホコリなどの外からの刺激、ストレスや生活の乱れなどによる内側からの刺激によって肌の力が衰えてしまうことがあります。それを改善するのが肌力のアップに繋がります。
ストレスを完全に無くしたり、全ての紫外線を避けることはできないため、簡単に行える対策としては食事法を変えることがおすすめです。
ジャンクフードや外食が多いというひとは、栄養が偏ってしまい肌力が低下してしまいます。そうならないためには、肉や魚、卵などで良質なタンパク質をとり肌を作るようにし、シミやそばかすの原因となる活性酸素を除去する働きのあるビタミン類を含んだ緑黄色野菜、腸内環境を整えるヨーグルトや漬物などの発酵食品、肌の保水力を高めるヤマイモやオクラなどに含まれているムチンなどが有効です。これらの食材をバランスよく摂取していくことが肌にとって良い食事となります。果物なども効果的ですが、糖分は脂肪に変わりやすいためほどほどに摂取することが望ましいとされています。
また、肌の力を向上させるためには、睡眠不足にならない、適度な運動を行って血流を良くして体全体に栄養を届けやすくするなどの日常生活の改善も重要です。

肌荒れ・乾燥に負けない肌力を作るケア

乾燥をはじめとした肌トラブルに負けない肌作りを行うためには、バリア機能を高めるケアを行う必要があります。バリア機能というのは清潔な状態を維持しているから高まるというものではなく、色々な要素のバランスが大事になってきます。肌を健やかに保つ要素のうち、どれか一つが欠けてもバランスが崩れますので、お手入れをする際にはよく考えて行わなければなりません。
肌力を高める要素の一つに潤いがありますが、潤い成分は元々体内で生成されるものです。ただし、加齢と共に徐々に減少しますので、足りなくなった分は何らかの方法で補わなければなりません。
次に水分量も重要になりますが、水分保持能力は潤いがどれだけあるかに関係してきますので、潤い対策を行うことで機能を高めることができます。
また、余分なものだと思われている皮脂も実は重要な役割を果たしています。適度な皮脂は外的刺激から肌を守るために必要なものであり、少なくなり過ぎると弱くなります。もちろん過剰な皮脂は毛穴を詰まらせたりしてトラブルの元になりますが、取り除き過ぎるのも良くありません。日頃から洗顔の回数が多い人は、それだけで肌を弱めている可能性がありますので注意しなければなりません。

肌にも影響する夏のむくみ

夏に体がむくみやすくなるのは、水分の摂り過ぎが関係しています。しかし、暑い時にはたくさん汗をかきますので、水分を摂らないと熱中症などの危険があります。摂取量をセーブするよりも、カリウムなどを上手にとって排出するように促す方が大切です。
カリウムは、スイカやキュウリに含まれています。食べ物から手軽に摂取することができるものですので、取り入れるのは難しくありません。むくみは塩分の摂取量が増えることでも起こりますので、塩分の摂り過ぎにも注意しなければなりません。少し位摂り過ぎてもカリウムを活用すれば排出されますが、日々摂り過ぎの状態が続いていると体にも影響が出てきます。
バランスの良い食事を摂って体内の循環を活性化させれば、汗をかくのと同時に余分な水分も排出されます。汗をかくと体がベタついたりしますので汗をかかないようにする人も多いのですが、適度に汗をかくことはとても大切です。あまり汗をかかない人は、発汗を促すためにぬるめのお湯にゆっくりと浸かる方法もあります。半身浴をすると代謝が良くなって、汗をかくようになります。汗と一緒に老廃物も排出されますので、お肌のコンディション作りにもとても役立ちます。

シミ、シワ、くすみ・・・乾燥本番前にお肌を回復

夏はしっかりと日焼け対策を行っているつもりでも、どうしても肌はダメージを受けてしまう季節です。
このダメージに気づかずにいつも通りのスキンケアを続けたまま空気が乾燥しやすい秋冬シーズンを迎えてしまうと、肌は大きなダメージを受けて、シミやシワ、くすみを引き起こしてしまいやすくなります。
そこで空気が乾く本番前にしっかりとやっておきたいのが夏の日差しでダメージを受けた肌の回復です。
まず見直したいのがクレンジング剤です。
いつもはなんともないクレンジング剤でもダメージを受けた肌には悪影響を与えることがあります。
出来るだけ低刺激で肌を柔らかくする美容成分が入ったクレンジング剤の使用を検討しましょう。
またごしごしと洗うのではなくぬるま湯で優しく洗い流すようにすることも重要です。
次に気を使いたいのが食事です。
かぼちゃやナス、トマトといった夏野菜には、抗酸化作用に優れたビタミンEやβカロテンが豊富に含まれているので積極的に取りいれていきましょう。
またほうれん草やブロッコリーには、皮膚の新陳代謝を促進してくれる葉酸、小松菜にはメラニンの沈着を防ぐビタミンCが豊富に含まれていますので、これらもダメージ肌には大きな効果を発揮します。
このようにしてダメージ肌の回復を早め早めに行っておくと、空気が乾くシーズンが到来しても健康的な美肌を保つことに繋がります。

気づきにくい夏のダメージで肌年齢が老けるらしい!?

夏というのは一年の中でも最も紫外線の強い時期なので、肌へのダメージが非常に大きい季節です。紫外線は肌を綺麗に保ったり、ハリを出す成分であるコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。そのため、紫外線を浴びすぎると肌年齢が老けてしまうと言われています。日焼け止めクリームを使うことによってある程度のダメージは防ぐことができますが、実は紫外線以外にも肌にダメージを与える要因がいくつかあります。部屋の中にいれば紫外線は防ぐことができますが、エアコンをつけているとその風によって肌はダメージを受けています。また、エアコンをつけないと暑さで汗をかき、その汗が原因で毛穴が詰まったり肌が荒れてしまうこともあります。肌がダメージを受けると、綺麗な肌に戻るまでの周期であるターンオーバーが乱れてしまい、本来外に排出されるはずのメラニンが肌の中に残り続けてしまい、これが原因となってシミになってしまいます。また、ニキビや肌荒れなどを治すこともできなくなってしまい、肌年齢も老けてしまいます。汗をかいているせいで気付きにくいのですが、こういった状態が長く続くと肌が乾燥してしまい、さらなるダメージにつながることもあるので注意が必要です。

くすみや乾燥…夏のお疲れ肌リセット方法

夏の肌は紫外線を多く浴びているため、乾燥やくすみの原因となりやすいです。夏のお疲れ肌リセットするためには、保湿が重要です。保湿は、季節を問わないスキンケアですが、リセットするためには、いつもよりも意識して保湿を行います。ただし、肌に刺激が強い化粧水や乳液を使うと、余計に肌を傷つけることもあり、人によっては赤みや痛みが生じることがあります。そのため、保湿する際には、アルコールフリーで天然成分由来のタイプや高保湿成分であるアミノ酸やヒアルロン酸が配合されたタイプを選ぶようにします。
肌全体のくすみは、肌の水分不足により透明感が失われていることもありますが、冷えによる血行不良やリンパの滞りによる影響もあります。血行が悪くなることで、必要な酸素や栄養が行き渡らなくなり、肌が栄養失調状態となります。リセットするためには、保湿重視のパックやマスクを朝使う方法があります。シートマスクをしたまま、朝食の準備や歯磨きなどのながらケアを行うこともできるため、意外と簡単に行えます。血行不良が原因の場合は、蒸しタオルを顔にのせることで、顔全体の血行を促すことです。他にも、湯船につかり、身体全体の血行を高めたり、リンパマッサージなども効果的です。

夏の乾燥肌にどう対応する?

夏の乾燥肌は、冬とはまた異なった対応が必要になってきます。冬場には保湿クリームなどを塗ることが中心となってきますが、夏はその他に紫外線対策を行うことが重要となります。夏は強い紫外線が降り注ぐために、肌へのダメージが大きくなってきます。肌の体質によっては太陽の紫外線を多く浴びることで、湿疹などの肌トラブルが出ることが起こり得ます。したがって、夏の対策としては日傘を差したり、UVカット機能の付いた長袖の衣料を着たりして、紫外線をできるだけ浴びないようにします。また、日焼け止めのクリームなどを全身に塗ることも重要です。しかし、日焼け止めクリームを塗ってしまうと、保湿クリームを塗ることができない状況が起こってきます。これにどう対応するかですが、今発売されている保湿クリームにはUVカット機能が付いている商品が存在しています。そのようなUVカット機能のある保湿クリームを用いることで、夏の対策が十分にできるようになってきます。さらに夏は汗を多くかくことになるため、顔や体を何度も水で洗ってしまいがちです。汗を洗い流すことで、汗疹などの皮膚病を防ぐことが可能になりますが、肌の水分は失われることに繋がります。そこで、夏のシャワーなどは最低限の回数にとどめ、シャワーの後に保湿クリームを塗っておくようにしたいところです。ドラム ドラム02

最近の投稿