Archive for 12月, 2015

O脚と頭痛や肩こりの関係

何をしても治らない頭痛や肩こりにお困りの方はいませんか。その原因はもしかしたらO脚かもしれません。
O脚というのは「気をつけ」の姿勢をして足をそろえても膝の部分がくっつかずに開いてしまう状態です。こうなると見た目が悪いのはもちろん、実は頭痛や肩こりをも引き起こすことがあるのです。
というのは本来はまっすぐなはずの足が曲がっているということは、体のバランスが悪くなっているということです。つまり本来とは違うところに力がかかってしまっているのです。このように体のバランスが悪くなることで起こるのが、O脚による頭痛や肩こりなのです。
O脚は骨自体が曲がっていない限り、矯正によってまっすぐになります。これによって見た目が良くなるのはもちろん、骨が正しい位置に戻るので頭痛や肩こりなども解消できるのです。
O脚の矯正は整体院などでできます。膝の部分をまっすぐになるように縛ってする市販の矯正器具などもありますが、この方法では根本的に解決しません。歩き方など様々な癖が積み重なってO脚になっているので、無理やりまっすぐにしてもその癖でまたすぐに元通りです。自分がO脚になった原因を知るためにも整体院などの専門家に矯正してもらうのがいいでしょう。

O脚とセルライトと関係はある?

O脚の人は、それだけで骨盤に負担をかけている状態となります。
骨盤に負担が大きければ、骨盤が歪みやすく、下半身の血行が悪くなり、代謝が落ちやすくなります。
血行が悪くなると、その部分の脂肪が燃焼されにくくなるだけでなく、リンパの流れも悪くなり、老廃物が排出されにくい状態になります。
すると、脂肪がその場に溜まりやすくなり、それによりセルライトが出来やすい状態になってしまいます。
ですから、O脚の人は、その状態を改善していくようにする事がお勧めです。
O脚を改善し、骨盤が歪みにくい状態を作るだけで、下半身の代謝が上がる事になります。
それにより、下半身の脂肪が燃焼しやすく、老廃物もしっかりと排出しやすい状態を作り、むくみも取れやすくなります。
セルライトは、一度ついてしまうと、簡単に落とす事は出来ません。
それだけに、ついてしまう原因が分かっているのであれば、まずその原因を改善し、セルライトがつきにくい状態を作っていく事がお勧めです。
それにより、セルライトがついてしまって悩まされる状態を回避する事が出来やすくなるだけでなく、見た目が悪くなる、代謝が悪くなる、むくみやすくなる等の状態を回避する事ができる出来るようになります。

O脚矯正と便秘改善の関係について知ろう

O脚は、脚が曲がっているだけでなく、骨盤にも影響が及んでいます。骨盤に歪みが生じてしまうと、腸などの内臓にも負担が出てしまいます。O脚の方の中には、食べ物などで便秘解消を試みた事がある人がいるかもしれませんが、腸に負担がかかった状態で、そのような事をしても、あまり効果を期待する事はできません。ですので、O脚を矯正する事により、腸などの内臓への負担を軽減する事により、内臓が正常な状態で活動する事は、便秘解消に繫がるのです。O脚の方の中には、浮腫み易い人もいますが、それは腸が水分を溜め込んだまま、上手く輩出する事ができなくなっている状態です。O脚を矯正する事は、脚のラインを美しくするだけでなく、内臓を正しい位置に戻し、健康的な状態にする事でもあるのです。O脚矯正後に、他の便秘解消方法を行うと、以前よりも効果が発揮され易くなりますし、便秘などのトラブルの発生事態も減少して行きます。女性の場合には、便秘や浮腫み改善だけでなく、生理痛などの生理に関係するトラブルも改善する事ができます。O脚矯正と言う1つの事により、様々な不快な症状が改善されて、健康で美しいプロポーションを手に入れる事が可能なのです。

O脚改善が生理痛の緩和にもなる

女性にとって生理痛はつらく、頭痛や腹痛などによって、ひどいケースでは起き上がれなくなるようなこともあり、日常生活にも影響を及ぼす月経困難症になることもあります。生理痛の原因としては、体質や遺伝などがよく知られていますが、他にも冷え性や骨盤のゆがみ、O脚も関係していると言われています。遺伝などはなかなか改善が難しいですが、O脚に関してはストレッチなどを継続的に行うことで、改善することもあります。そもそもO脚は筋肉が硬くなることが原因で発生しているため、筋肉を柔らかくすることで改善が見込めます。ストレッチの内容としては、簡単なものではつま先をそろえて正座するだけでもストレッチ効果があります。また四つん這いになって、息を吸いつつ鳩尾あたりを上に引きあげて背中を丸め、15秒ほどキープします。続いて口から息を掃き出し、腰を下に落としつつ背中を反らし、この姿勢も15秒キープします。他にも足首回しやふくらはぎをなでるようにさするストレッチなども良いとされています。これらは朝とお風呂上りに二回ほど実行するのが効果的と言われており、さらに優しい力で実行するように心がけましょう。こうしてO脚を改善できれば、ただしい姿勢と骨格を手に入れることで、生理痛緩和にもつながります。

冷え性解消に効果的!O脚を直したほうが良い理由

冷え性に悩みを持っている人の中には、O脚であるという人も多いようです。一見すると冷え性とO脚は関係が内容に思えますが、実は冷え性の原因がO脚であることがあります。つまり、冷え性解消にはO脚の改善が重要になるというkとです。
そもそも、冷え性の原因はリンパの流れが悪いということにあるとされています。また、脚が冷えやすく、むくみやすいという特徴もあります。脚のむくみや冷えの原因の1つとして、O脚が挙げられます。O脚になると、脚が歪みますので、血液やリンパの流れが正常とは異なることになります。その為、リンパの流れが滞り、結果として冷え性になってしまうというわけです。
その他にも、腰痛や外反母趾、下半身太りの原因がO脚にある可能性もあります。O脚は脚が綺麗に見えないという外見的なデメリットだけではなく、様々な健康被害の原因となっている場合もあるのです。
O脚は、生活習慣や日々の姿勢に気をつけることにより改善することが出来ます。椅子に座る機会が多いという場合には、脚を組まないように注意し、背筋を伸ばすようにして椅子に深く座るようにします。両膝はくっつけ、つま先は少し開くようにして座ります。猫背になったり、腰を反らしたりしないようにしましょう。

O脚を矯正するメリットとは?

いわゆる気をつけの姿勢をしても膝の部分に隙間ができてしまうのがO脚です。こうなると見た目が悪いのはもちろん、その他にも様々な問題があるのです。
まずは腰痛です。O脚になると骨格がゆるんで重心のバランスが悪くなるので腰に余計に負担がかかってしまうのです。
また、同じような理由から関節痛になったり、重心のバランスがあまりに悪くなるとそれが頭痛や肩こりの原因となることもあるのです。
それに女性に多い冷え性もこのO脚が原因のことがあります。O脚が原因で血液循環やリンパの流れが滞って冷え性になりやすいのです。それに下半身の循環機能が低下すると全身がだるいなど倦怠感にもつながると言います。いくら脚を温めても冷え性が治らないのは、そもそも血液の循環機能が低下しているからなのです。
このように見た目だけでなく体に悪影響を及ぼすO脚は矯正するべきなのです。矯正によって腰痛や関節痛、頭痛などの症状が解消するといったメリットはもちろん、身長が高くなったり、足がスラリときれいになるなど見た目もきれいになるのです。
現代日本の生活では正座をあまりしないことから、O脚でない若い人も増えていますが、それでも欧米人と比べて日本人のO脚率は高いと言われていますが、矯正がこのような問題の解決につながるのです。

O脚になってしまう間接的な理由

O脚はもともと生まれつきではないのに、日常で何気なく続けている生活習慣であっという間にO脚になってしまうことをご存知でしょうか。

例えば、運動不足や姿勢の悪さ、ストレスを感じやすかったり甘いものが好きなど、こういったことが間接的な原因としてO脚になると言われています。

O脚になってしまうと、腰痛や膝の痛みなどを発症する可能性も高く、あるいは日本人特有である下半身だけ太くなる原因にもなりかねません。

そのため、最近では補正下着でO脚矯正する人が増えています。

補正下着は、デスク仕事などで長時間座っているだけでも姿勢をまっすぐさせる効果で筋肉に適度なストレスを与えるので、疲労感の軽減にも作用があり、運動をあまりしない習慣の人にも非常に効果的であるといえます。

O脚を矯正することは、ただ単に美しい脚を手に入れるだけでなく、外反母趾に予防や産後のダイエット、冷え性やむくみなども改善することから、体のすべて機能がO脚の矯正で改善につながっていくのです。

ただし、ダイエットのためと自分の体に合わないサイズを身につけていると、血流が悪くなり返って体に良くないので、必ずサイズを測って自分の体にあったものを選ぶようにしましょう。

O脚は治らないものではなく、きちんと対策して改善方法を行っていけば治っていくものです。
諦めずに、まずは補正下着でO脚を矯正してみてはいかがでしょうか。

O脚になってしまう直接的な原因

ヒールの高い靴を履いている人をみると、O脚になっている方をよくみかけます。
O脚になってしまう直接原因は、靴選びにあります。
自分に合わない靴を履いていると、バランスを取ろうとして足に余計な力がはいってしまいます。
その状態が続くと、O脚の状態で筋肉がついてしまいます。
そうすると、普段の生活でもO脚のままになってしまいます。
治すには、自分に合う靴を選ぶことが第一条件です。
靴はどうしてもデザインで選びがちになります。
デザインで選んでしまうと、足に合わない靴になってしまう可能性があります。
足は、第二の心臓とも言われています。
それほど大切な部分なんです。
簡単にデザイン重視で靴を選ばない方が良いです。
せっかくお洒落な靴も、O脚で履いてしまっては可哀想です。
でも、どうしても気に入ったデザインのものが欲しい場合には中敷きで靴のフィット感をUPする方法があります。
中敷きをオーダーメイドで作れるお店もあるので、サイズの合わないお気に入りの靴を自分の足に合わせた靴に変化させることが可能です。
中敷きでの調整は、大きいサイズの靴の調整法です。
小さいサイズのものを調整する方法もあります。
お店でやってくれる所もありますし、少し靴を伸ばせる器具も売ってあります。
フィットする靴が手に入ったら、O脚になってしまった膝を寄せる運動も取り入れるとO脚は治っていきます。

O脚と膝下O脚の違い

一般的にO脚と言われるのは両足の内側のくるぶしを付けてつま先を開いて立った時に、膝の上下に隙間が出来てしまっている状態のことを言います。正面から見た時に、「O」のように見えることからそのように呼ばれるようになりました。一方の膝下O脚はその名の通り、太ももは両足が接しているものの、膝の下からふくらはぎは接していない状態のことを指します。
特に内股の人はなりやすいと言われています。
O脚と膝下O脚は治療法などに違いがあります。一般的なO脚の場合、骨盤の開きや脚の付け根のねじれを解消することにより、正しい姿勢へと改善されることが多いのですが、膝下O脚の場合は、股関節の他に膝や足首も正しく矯正する必要があり、治療に時間が掛かるケースが多いようです。
なお、O脚と混同されやすいものとして「ガニ股」があります。非常に紛らわしいのですが、O脚は膝頭が内側に向いている状態であるのに対して、ガニ股は膝頭が外側に向いているという特徴がありますので、注意が必要です。いずれも大腿骨がねじれていることが原因でそのようになりますが、ねじれの向きが異なりますので、治療法も当然違ってきます。
自己判断をしないことが大切です。

脚が太く見える?O脚って一体なに?

O脚は、つま先を開いて内側のくるぶし同士を付けて立った時に、両足の間に隙間が出来てしまう状態のことを指しますが、その原因として考えられるのが、骨盤などの歪みです。
脚がこのような状態になると、バランスが悪く見える・冷え性や便秘の原因になる・脚が太く見える・腰痛の原因になる・むくみやすくなるなど様々な症状の原因となることが知られています。
O客を改善するための方法としては、まず正しい立ち方を身につけるようにしましょう。やり方は簡単で、特別な道具も必要としません。まず、壁に頭と背中をつけるようにして真っ直ぐに立ちます。次に、つま先をハの字に開きます。この時、骨盤を前に立つように意識し、お尻に力を入れるようにします。この状態で頭が壁から離れないようにということを意識しながら3~5分程度そのままの姿勢で立ち続けます。腰を反らないように気を付けましょう。1日1回でも良いので、正しい姿勢を身に付けることで、重度のO脚ではない限り、徐々に歪みが改善されていきます。
また、普段の生活のなかでは、脚を組む・片方に重心をかけるということは意識をして避けるようにしましょう。常に背筋を伸ばす姿勢を心がけるようにしましょう。犬03 犬04

最近の投稿