Archive for 4月, 2016

保湿ケアが大切な理由とは

美容のケアでもっとも重要といわれている、保湿。なぜ保湿が重要なのか、その重要性をお話ししたいとおもいます。女性はとくにお肌の悩みを人それぞれ抱えていますが、中でも多いのが毛穴の目立ちや黒ずみ、年齢を重ねるにつれ、シワやたるみなどがあります。今はさまざまなスキンケア用品が販売されていますが自分のお肌に合ったスキンケアアイテムを使わなければ効果は現れません。さまざまなお肌の悩みを持つ方にお勧めなのは、保湿力の高いスキンケアアイテムを使用することです。実は、お肌の悩みの原因の大半は、乾燥からくるものなのです。毛穴もシワもたるみも全て乾燥とは無縁に思いがちですが、実は乾燥が原因で起こる現象なのです。ですからお肌の状態をよくするためには、とにかく保湿をすることが一番効果的なのです。日々のスキンケアに保湿ケアをしっかりプラスして行うことが美肌への近道です。スキンケアアイテムを購入するときには、水分と油分がバランス良い状態に保てるように心掛けてスキンケアをおこないましょう。肌の老化というものは、水分だけをお肌にしっかり補給したとしても油分で肌を覆わなければ水分が蒸発してしまいます。スキンケアは、水分と油分のバランスをよくおこないましょう。

脱毛後のケアが大切

ピーマン02

カミソリでのムダ毛処理や毛抜きでの脱毛を行っている人は多いです。自宅で手軽にでき、費用がほとんどかからないところがメリットといえます。ただ、肌トラブルになりやすい方法であるともいえます。直接肌にカミソリがあたる危険性と、ムダ毛以外にも皮膚をそげ落としている可能性があるからです。脱毛後に肌が白い粉をふいたような状態になっているのがそれです。処理前には、ボディーソープなどで泡立てたものより、しっかりと肌に定着するシェービングジェルを利用するのがおすすめです。泡が流れ落ちてしまっては、直接カミソリが肌に触れているのと同じだからです。毛の流れに沿うように剃るほうが肌を痛めません。また、水にぬれた状態のカミソリはさびやすく不衛生です。適度に新しいものと取り換えて使用することが大切です。毛抜きで毛を抜く場合は、蒸しタオルなどで処理部分を温め、毛穴を開いておくとよいです。ただし、雑菌が入り込まないように、清潔な毛抜きを用意しましょう。

そして、脱毛後の肌はとても敏感になっているため、お手入れが大切です。刺激の少ないローションやクリームなどを使用し、しっかりと保湿することが大切です。乾燥肌は、肌荒れの原因となるためです。

家庭用脱毛器にはデメリットもある

家庭用脱毛器はサロンに通わなくてよく、自宅で好きなときに脱毛できるので便利です。家庭用脱毛器にはそれ以外にも追加コストがかからないため、サロンに通うよりも安く全身脱毛できることや家族とシェアすれば一台あたりの価格も安くできるというメリットもあります。サロンでは予約が取りにくかったり、通うのが面倒になったりすることがありますが、そういう心配をすることもありません。ですが、家庭用脱毛器にもデメリットがあります。まずは産毛には効果がないということがあげられます。家庭用脱毛器は出力が抑えられているので、産毛のように細い毛の脱毛ができません。産毛には効かないということは太い毛には効果があるということなので、太い毛の脱毛をしたい場合には家庭用で十分といえます。また自分で脱毛をすることになりますので、自分の方法で合っているかわからないということもあります。ですが家庭用に販売されているものなので安全性に問題のある商品は販売されていませんので、無茶な使いかたをしないかぎりは大丈夫です。また製品によってはカートリッジやバッテリーといった消耗品にお金がかかるというデメリットもあります。家庭用脱毛器にはメリットもデメリットもありますので、よく調べてから使用するようにしてください。

自己処理では肌トラブルに注意

パプリカ自己処理が原因で起きる肌トラブルには、色素沈着や埋もれ毛等があります。
色素沈着は、ムダ毛を剃ったり抜いたりした際に、毛穴や肌にストレスがかかると、それによりメラニン色素が発生し、そのメラニン色素が肌に定着する事で起きます。
埋もれ毛は、毛を剃ったり抜いたりした時に、毛穴の入り口が傷つき、そこにかさぶたが出来た時に起きやすい状態です。
普段、開いた状態になっている毛穴の入り口が、かさぶたで塞がれてしまうと、毛先が皮膚の表面に出る事が出来ず、皮膚の下で、毛が伸び続ける状態となります。
こうした自己処理が原因の肌トラブルを避けたいと考えたら、皮膚や毛穴に負担がかかりにくいように気をつける事が必要になってきます。
もしくは、脱毛をして、自己処理が必要のない肌を手に入れる事が有効です。
自己処理の必要がなくなれば、色素沈着の原因となるメラニン色素も発生しにくくなるだけでなく、埋もれ毛の原因もなくなる事になります。
脱毛といえば、ムダ毛が生えてこない肌にする事が出来るというイメージを持つ人は多いでしょう。
ですが、それだけでなく、自己処理が必要ない事で、肌トラブルも起きにくい肌を手に入れる事にも繋げっていきます。

安くできる脱毛

自己処理で安く済ませたい時にはワックス脱毛が便利です。ワックス脱毛では、塗って一定時間待ち、剥がすという簡単なステップでムダ毛を無くすことができます。剥がす際には古い角質も一緒に取り除かれますので、肌細胞の活性化にも役立ちます。代謝が悪くてターンオーバーが遅れがちな人に最適の方法であり、トラブルを含む古い肌細胞もどんどん排出させることができます。
とても優秀な方法ではありますが、ワックスによる処理は一定期間しかもちません。そのため、繰り返し処理を行う必要があります。少しでも長くもたせたい時には豆乳ローションを使用して、毛母細胞の働きを弱らせます。毛穴が開いた状態で直接塗り込むことで有効成分がしっかりと浸透し、毛母細胞の働きに影響を与えることができます。処理間隔を空けることができれば、その分長く肌を休ませることができますので、肌トラブルを起こるリスクを低下させることができます。また、豆乳ローション自体に美肌効果がありますので、キメの細かな美しい素肌を手に入れることができます。処理直後は毛穴が大きく開いていますのでそのままでも浸透しますが、ある程度の期間が経過したらお風呂上がりなどの毛穴の開いているタイミングに使用します。

エステ脱毛とは

ピーマン01クリニックで施術される脱毛がレーザー脱毛と言って光の出力が強力なものに対し、エステ脱毛の場合は光(フラッシュ)脱毛という施術法を扱っています。光脱毛はレーザーよりも出力が弱いため、照射部位にもよりますが、痛みを最小限に抑えられるという特徴もあるため、医師免許を持たないエステサロンで導入されています。これは、太い毛細い毛両方に対応する複数の波長で照射することによって一点のみに集中せず広範囲を照射することになるために照射力が分散されることになるからです。波長が細かいことにより、顔の頬や鼻下に生える産毛などにもしっかり対応することが可能です。レーザー脱毛と違って光の出力の弱さから、「永久的脱毛」とは言えない部分がありますが、部位別の毛周期に合わせてしっかり施術すれば、その後はほとんど生えることはありません。金額も医療レーザー脱毛よりも安価で、春から夏にかけての脱毛がヒットするシーズンでは、各サロンでさまざまなキャンペーンを行っていて、かなり安い価格で施術を受けられることが多くなってきました。医師免許がいらない施術方法という観点からも、細菌では一般家庭でも導入できる専用の脱毛機が発売されており、より手軽な脱毛が普及していきそうです。

医療脱毛とは

医療脱毛とは、美容クリニックや美容皮膚科で行われる医療従事者による脱毛法です。

きちんと医療資格を持った人が施術を行うので、安全性が高く何かトラブルが起こったときはすぐにその場で対処してくれるという利点があります。
脱毛サロンの場合はトラブルが起こった場合には医療機関に自分で赴かなければならないことを比べるとすぐにその場で対応してくれるのは安心感もあります。

医療脱毛で行われるのは主に医療レーザー脱毛による脱毛法です。

単一な波長のレーザーを脱毛したい部位に照射して脱毛効果を得るもので、レーザーの威力が高いことから一度脱毛をしてしまえば半永久的に脱毛しなくても済みます。

また、電気脱毛とも呼ばれるニードル脱毛も、医療脱毛の一つです。

レーザー脱毛や脱毛サロンでのフラッシュ脱毛が登場するまでは主流だった脱毛法で、毛穴一本一本に極細の針を刺して、その針に電気を通して毛根を破壊して脱毛効果を得る方法です。

ただ、毛穴一つ一つに針を刺さなければならず非常に時間と費用もかかるので、現在では産毛や白髪などレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では処理できない毛に対してのみ使用される方法とされています。

レーザー脱毛もニードル脱毛も医療行為に当たるので基本的にはエステサロンなどの医療従事者のいない場所で行うことはできないとされています。

ムダ毛をなくす方法

フルーツ01

女性にとってムダ毛を処理することはエチケットのようなものであり、最近では美容意識の高い男性の中でも脱毛が当たり前という人も急増しているので、女性としては手を抜けないわけですが、ムダ毛をなくす方法は様々あります。

まず、ある程度費用と時間をかけても良いという場合には、脱毛サロンや美容クリニックでのプロによる施術がおすすめです。

脱毛サロンはメラニンや黒い毛にのみ反応する特殊な光を照射して脱毛していく光脱毛が主流で、肌に優しく痛みが少ないことが特徴です。
美容クリニックは、レーザーを使用した医療脱毛で、レーザーの威力が強いことから、その脱毛効果は一度脱毛してしまえば半永久的に持続しますが、脱毛サロンの光脱毛に比べて痛みが強く感じることがあります。

費用は、脱毛サロンはワキなどの単体の部位なら格安で受けられることもあり、また何十箇所の部位と合わせた全身プランなどを用意している店舗もあります。
美容クリニックの場合は、脱毛サロンに比べて一回の施術料金は高めに設定されていますが、施術時間も通う回数も比較的少なく済むので、全身脱毛屋VIO脱毛など、広範囲に及ぶ場合にはトータル的に美容クリニックに通うほうが安くなることもあります。

なるべくお金をかけずに自己処理で済ましたいという人であれば、家庭用脱毛器や脱毛ワックスなどがおすすめですが、自己処理の場合アフターケアも全て自分で行わなければならないのが大変でもありますが、肌トラブルや炎症を起こさないようにするためにはしっかりとケアしていきましょう。

様々な脱毛方法

脱毛といえば、サロンでやってもらうと考えがちですが、それ以外にも様々な脱毛方法があります。脱毛サロン以外の脱毛方法といえば、まずクリニックです。クリニックの場合はレーザーやニードルによる効果の高い脱毛が特徴です。ただし、肌にいくらかダメージが出る可能性があること、健康保険が適用できないので、料金が割高になることがあります。もっとも今では、ローンやクレジットカードも使えるので、だいぶ利用しやすくなっています。
一方で、自宅で行う、自己処理もあります。これだとコストもさほどにはかかりませんし、手の空いた時にできるのがメリットです。この場合はまず、カミソリや毛抜きで処理する方法があります。しかしこれは肌を傷めることもありますので、事前に蒸しタオルで毛穴を広げておき、処理後はクリームを塗っておくようにしましょう。その他の自己処理としては、除毛クリームやワックスを使う、あるいは専用の脱毛器を使うという方法もあります。クリームやワックスはそう値段も高くなく、トリートメント効果もありますので、肌を傷めずに自己処理ができます。一方専用脱毛器はいくらか値段が張りますが、自分で処理しても、プロにやってもらったようにすべすべになるのが特徴です。

あなたが選ぶのはどれ?脱毛の種類

ドリンク03脱毛と一口に言ってみても、いくつかの種類があります。自分でする場合もありますし、プロにまかせてやってもらうという方法もあります。プロの場合は、エステとクリニックがあります。それぞれの特徴として、エステで行う脱毛は、効果はほどほどですが美肌効果があります。一方クリニックで行うものとしては、レーザー脱毛やニードル脱毛があります。前者は効果が高いのですが、やや肌にダメージが出ることもあります。ニードルも効果が高いのですが、こちらはかなり痛みがありますので、麻酔をすることになります。それぞれの特徴をよく見極めて、自分に合った方法を選ぶのがいいでしょう。
一般にクリニックで処理する場合は、健康保険が適用されないため、料金はそこそこかかります。両わきの下を処理した場合、レーザーではクリニックにもよりますが、3万円前後の所が多いです。ニードルは面積当たりの料金となり、しかも検査や麻酔などの料金が含まれますので、3つの中では最も料金が高くなります。しかしそのぶん永久脱毛効果も高いので、どうしても処理したいむだ毛がある場合は、ニードルを試してみるのもいいでしょう。今はローンやクレジットカードも使えますので、その点では使いやすくなっています。

最近の投稿