脚が太く見える?O脚って一体なに?

O脚は、つま先を開いて内側のくるぶし同士を付けて立った時に、両足の間に隙間が出来てしまう状態のことを指しますが、その原因として考えられるのが、骨盤などの歪みです。
脚がこのような状態になると、バランスが悪く見える・冷え性や便秘の原因になる・脚が太く見える・腰痛の原因になる・むくみやすくなるなど様々な症状の原因となることが知られています。
O客を改善するための方法としては、まず正しい立ち方を身につけるようにしましょう。やり方は簡単で、特別な道具も必要としません。まず、壁に頭と背中をつけるようにして真っ直ぐに立ちます。次に、つま先をハの字に開きます。この時、骨盤を前に立つように意識し、お尻に力を入れるようにします。この状態で頭が壁から離れないようにということを意識しながら3~5分程度そのままの姿勢で立ち続けます。腰を反らないように気を付けましょう。1日1回でも良いので、正しい姿勢を身に付けることで、重度のO脚ではない限り、徐々に歪みが改善されていきます。
また、普段の生活のなかでは、脚を組む・片方に重心をかけるということは意識をして避けるようにしましょう。常に背筋を伸ばす姿勢を心がけるようにしましょう。犬03 犬04

Comments are closed.

最近の投稿