医療脱毛とは

医療脱毛とは、美容クリニックや美容皮膚科で行われる医療従事者による脱毛法です。

きちんと医療資格を持った人が施術を行うので、安全性が高く何かトラブルが起こったときはすぐにその場で対処してくれるという利点があります。
脱毛サロンの場合はトラブルが起こった場合には医療機関に自分で赴かなければならないことを比べるとすぐにその場で対応してくれるのは安心感もあります。

医療脱毛で行われるのは主に医療レーザー脱毛による脱毛法です。

単一な波長のレーザーを脱毛したい部位に照射して脱毛効果を得るもので、レーザーの威力が高いことから一度脱毛をしてしまえば半永久的に脱毛しなくても済みます。

また、電気脱毛とも呼ばれるニードル脱毛も、医療脱毛の一つです。

レーザー脱毛や脱毛サロンでのフラッシュ脱毛が登場するまでは主流だった脱毛法で、毛穴一本一本に極細の針を刺して、その針に電気を通して毛根を破壊して脱毛効果を得る方法です。

ただ、毛穴一つ一つに針を刺さなければならず非常に時間と費用もかかるので、現在では産毛や白髪などレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では処理できない毛に対してのみ使用される方法とされています。

レーザー脱毛もニードル脱毛も医療行為に当たるので基本的にはエステサロンなどの医療従事者のいない場所で行うことはできないとされています。

Comments are closed.

最近の投稿