骨盤にNG!脚を組む癖

美しい体を作るためには、姿勢と言うものがとても重要になってきます。歩く時に猫背になっていたり、立っている時に背筋がピンとしていないと、それだけで美しさが激減してしまうものです。
また、姿勢と言うのは、椅子に座る時にも気を付けておく必要があります。せっかく身長が高くても、姿勢が悪いと本来の美しさが出なくなり、もったいないものです。
なお、椅子に座る時に気を付けておきたいのが、脚を組んで座ると言うことです。椅子に座った時と言うのは、左右どちらかの脚を組んで座ることが癖になってしまっている人が多くいるものですが、脚を組んで座ると言う状態は、骨盤のゆがみにつながってしまいますから、注意が必要です。
体のゆがみと言えば、人間の顔と言うのは左右対称に見えて、かなり多くの人が左右非対称なものです。これは、自分の顔を正面から撮影した画像を半分に切って、反転させて右半分同士と左半分同士をくっつけてみるとよくわかります。人によってはこの2つの顔に驚くほどの違いが出る場合があります。
脚を組んで座ると言うことが、こうしたゆがみの原因の一つにもなっています。ですから、癖になっている人は、意識して脚を組まないようにすることが大切と言えます。

Comments are closed.

最近の投稿