ロングブーツが似合わないヒザ肉の原因は?

寒くなってくるとブーツを履きたくなるものですが、綺麗な脚でブーツを履きこなしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、ブーツが似合わない脚で悩んでいるという人もたくさんいます。ヒザ肉があると綺麗な脚は作れないということですが、この部分の肉はロングブーツを履いた時に目立ってしまいます。ヒザ肉がロングブーツの上に乗ってしまうと脚の太さを強調してしまいますし、ハーフブーツやショートブーツを履いても膝の位置が低くなって脚が短く見えてしまうでしょう。また、ヒザ肉があると年齢よりも老けて見えてしまうこともあるため、気にしている人は多いです。ちなみに、全体的には太っていないのにこの部分の肉だけが多いという人もいます。膝上に肉がついてしまう理由としては、冷えやむくみ、筋肉量の低下などといったものが挙げられます。筋肉量は年齢とともに低下してしまうものなのですが、特に運動不足の人やデスクワーク中心の人、ヒールをよく履く人、姿勢の悪い人などはヒザ肉がつきやすいので注意しましょう。膝周りのたるみは太ももの筋肉の低下が原因であることが多いため、綺麗な脚を手に入れるためには太ももの筋肉をしっかりと鍛えることが大切です。

Comments are closed.

最近の投稿