未成年でもOK?契約で失敗しないための脱毛エステ知識

脱毛エステが大人気です。それもそのはず一昔前は脱毛と言えば針脱毛が主流で、痛い上に高額が当たり前の世界でした。
両わき脱毛だけで最低30万円程度はかかったものです。しかも痛みに耐えきれず通わなくなり契約を終えてしまう人も多数。
ローンだけが残る辛い経験をした方もいるのではないでしょうか。

それが今では新しい技術が開発され痛みもほぼ無くなり、両わき価格が500円も当たり前の世界。
完了するまでその値段で通えるのですから、ムダ毛に悩む女性にとっては本当に良い時代になりました。

そうした流れを受け、未成年でも脱毛エステに通いたいと希望する人が増えています。
お小遣い程度、いえ下手すれば自宅で自己処理をするより安上がりなのですから当然です。
カミソリや毛抜きで皮膚に負担をかけるより、脱毛サロンで処理した方が仕上がりも綺麗です。

しかし未成年が脱毛エステに通うにはひとつハードルがあります。
実際に、それを知らずにサロンに向かい契約できなかった失敗談を大学生の知人に聞きました。
未成年が脱毛エステと契約するには親の承諾が必要なのです。

保護者と同居し、サロンに通う事に承諾を得ている場合は問題ありません。
保護者同伴でサロンに行き、承諾書にサインしてもらえればすんなりと契約できます。
もしくは一度サロンに出向き承諾書を持ち帰ってからサインしてもらい、再度サロンに行きます。
そこで保護者に電話かけて確認してもらえれば良いのです。

脱毛は安全性の高いものですが、人によっては肌トラブルを起こす可能性が無いとは言い切れません。
後で問題にならなるのを避けるためにも、保護者の承諾を確実に得るようにしましょう。

 

Comments are closed.

最近の投稿