寝る前のカロリーがダイエットを阻むんです!食事後の3時間以内は寝ないこと

1日3食しっかりと栄養バランスを考えて食べる事もダイエットには必要不可欠なことですが、夜の食事に関しては少し気をつけておきたいことがあります。夜には睡眠が控えていますから、食べる内容は一先ず横に置くとしても、その食べる時間が重要となります。食後3時間の間は、眠くなったとしても寝ないようにしましょう。よく食べてすぐ寝ると牛になると言ったものですが、それは本当だったと実感できるでしょう。

横になって休憩をするのならいいのですが、本格的な睡眠を取るとなると胃炎などの原因にもなりますし、体に負担をかけるために眠りの質が悪くなってしまいます。胃の中に消化するべきものが残っていると、寝ている間でも胃の消化にエネルギーが使われてしまうので、その分疲労感も感じやすくなります。

仕事が遅くて食べる時間そのものが遅いという人もいるでしょう。夜10時~2時の間は特に太りやすい時間帯と言われていますので、食後3時間という時間帯を守るだけでなく食べる時間帯そのものも見直すようにしましょう。余計なカロリーを体内に摂取しないのが一番ですが、それでもお腹が空いた場合には低カロリーなものを少量よく噛んで食べるなどしてなるべく胃の中は空にした状態で眠るようにして下さい。

 

Comments are closed.

最近の投稿