O脚になってしまう直接的な原因

ヒールの高い靴を履いている人をみると、O脚になっている方をよくみかけます。
O脚になってしまう直接原因は、靴選びにあります。
自分に合わない靴を履いていると、バランスを取ろうとして足に余計な力がはいってしまいます。
その状態が続くと、O脚の状態で筋肉がついてしまいます。
そうすると、普段の生活でもO脚のままになってしまいます。
治すには、自分に合う靴を選ぶことが第一条件です。
靴はどうしてもデザインで選びがちになります。
デザインで選んでしまうと、足に合わない靴になってしまう可能性があります。
足は、第二の心臓とも言われています。
それほど大切な部分なんです。
簡単にデザイン重視で靴を選ばない方が良いです。
せっかくお洒落な靴も、O脚で履いてしまっては可哀想です。
でも、どうしても気に入ったデザインのものが欲しい場合には中敷きで靴のフィット感をUPする方法があります。
中敷きをオーダーメイドで作れるお店もあるので、サイズの合わないお気に入りの靴を自分の足に合わせた靴に変化させることが可能です。
中敷きでの調整は、大きいサイズの靴の調整法です。
小さいサイズのものを調整する方法もあります。
お店でやってくれる所もありますし、少し靴を伸ばせる器具も売ってあります。
フィットする靴が手に入ったら、O脚になってしまった膝を寄せる運動も取り入れるとO脚は治っていきます。

Comments are closed.

最近の投稿