O脚と膝下O脚の違い

一般的にO脚と言われるのは両足の内側のくるぶしを付けてつま先を開いて立った時に、膝の上下に隙間が出来てしまっている状態のことを言います。正面から見た時に、「O」のように見えることからそのように呼ばれるようになりました。一方の膝下O脚はその名の通り、太ももは両足が接しているものの、膝の下からふくらはぎは接していない状態のことを指します。
特に内股の人はなりやすいと言われています。
O脚と膝下O脚は治療法などに違いがあります。一般的なO脚の場合、骨盤の開きや脚の付け根のねじれを解消することにより、正しい姿勢へと改善されることが多いのですが、膝下O脚の場合は、股関節の他に膝や足首も正しく矯正する必要があり、治療に時間が掛かるケースが多いようです。
なお、O脚と混同されやすいものとして「ガニ股」があります。非常に紛らわしいのですが、O脚は膝頭が内側に向いている状態であるのに対して、ガニ股は膝頭が外側に向いているという特徴がありますので、注意が必要です。いずれも大腿骨がねじれていることが原因でそのようになりますが、ねじれの向きが異なりますので、治療法も当然違ってきます。
自己判断をしないことが大切です。

Comments are closed.

最近の投稿