産後の体型補正、骨盤が大事

出産は女性にとって命がけの大仕事です。
赤ちゃんに会える喜びはかけがえのないものですが、産後の体はとてもダメージを受けています。
赤ちゃんが出てくるときに、骨盤を極限まで広げる必要があるため、特に骨盤部位は産後もすぐには元に戻らないのですね。
骨盤が広がったままだと、下半身がとても大きくなってしまい、おなかの肉もなかなか落ちなくなります。
腰痛もひどくなったり、体のゆがみが生じて足や背中などにもダメージが来たりします。
産後すぐに骨盤をもとに戻す努力をしないと、体型も崩れたままになってしまうのですね。
ではどうやって元に戻すかというと、まずは骨盤ベルトなどでしっかりしめて生活します。
これはおそらく産院などでも指導を受ける妊婦さんが多いでしょう。
体型の崩れ防止だけでなく、骨盤のゆがみは産後の生活に支障をきたすためです。
いつまでしめておくかというと、最低でも産後一か月くらいはしめておいた方がいいですね。
その後は、腰痛などの症状がなく妊娠前のボトムスなどがはけるようになったら外しておいても大丈夫です。
ベルトをしていても腰痛などが出るようなら、時間のある時に骨盤に手を当ててゆっくり左右に回す運動をするとよいでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿