知っておきたい!骨盤の歪みをなくすふくらはぎダイエット

下半身太りは、骨盤の歪みからきていることが多いようです。骨盤はずっと同じ状態というわけではなく、1カ月という短い期間であっても少し閉じたり開いたりしています。大きく開くのは妊娠、出産の時期であり、開いたまま閉じなくなるケースもあります。骨盤ケアがもっとも効くのは産後すぐですが、出産してから間もないと体調が回復しなかったり慣れない子供の世話に追われていたりしてなかなか自分のことに時間を費やすことができません。ある程度時間が経ってしまったら、その状態が固定されやすくなりますので、骨盤ケアを行うなら早い方が良いといえます。
ケアを行うためのグッズには色々なものがありますが、ベルトやクッションは取り入れやすい部類です。また、ストレッチを行うことでも矯正が可能です。正しい位置に戻ると筋肉のつき方のバランスが良くなり、内臓も正しく働くようになります。そうなれば体内循環が正常化されますし、体の他の部位の代謝も良くなります。ふくらはぎを細くしたい場合も骨盤矯正がよく効き、正常な位置まで戻すことでほっそりとした脚を実現することができます。代謝が良くなれば老廃物や余分な水分の排出にも役立ちますので、むくみ脚対策にも有効です。

Comments are closed.

最近の投稿