食事の量や回数をコントロール

食事の量と回数を明確に定めて、食べ過ぎを防ぐようにすれば、1週間の短い期間でも減量することが可能です。どのようにして過剰な食欲をコントロールするかが問題となりますが、料理の細部にまで工夫をすれば対処できます。単純に減量のための料理を作ることはせずに、五感を駆使して楽しめるものを作れば、わずかな量でも満足できるようになります。

食事の量をコントロールするためには、満腹感を早く得ることが必須ですから、歯ごたえのある料理を作ることが基本になります。主食を玄米にしたり、おかずに根菜を多用する方法を使っても、満腹感を得やすい状態になります。同じ分量の料理であっても、使う食材の品目を増やすことで、彩りや栄養が充実していきます。

食事の量を減らしすぎる場合には、欲求不満が次第に増大して、やがては暴飲暴食をしてしまう危険性を高める可能性もあります。量の加減は難しいようであっても、摂取カロリーを正確に計算して、毎日のように管理すれば対処できます。間食も許容の範囲で行うようにすれば、食欲を程よく抑制できます。

食事の回数は3回が基本となりますから、極端に減らすことは避けたほうが無難です。1日の摂取カロリーを3食で分散しておけば、回数が極端に増える心配もありません。

Comments are closed.

最近の投稿