自己処理NG事項あれこれ

ムダ毛の自己処理をしたら、肌がボロボロになったという方は多いでしょう。
エステやクリニック脱毛なら、お肌の状態を見ながら処理してくれるので、肌荒れが起こることは通常ありません。
ムダ毛処理の肌トラブルの大半は、自己処理により起こっているのです。

自己処理NG事項として挙げられるのは、入浴中の脱毛です。
脱毛クリームやジェルを落とせるので最適と思われるかもしれませんが、お風呂という環境は雑菌が非常に多いのです。
脱毛後のお肌はデリケートになっているため、非常に肌荒れのリスクが高くなります。
入浴前や入浴中ではなく、入浴後に処理するようにしましょう。

生理の前後も処理は避けたほうがいいでしょう。
お肌が敏感で傷つきやすくなっており、炎症やニキビの原因となります。
特に敏感肌の方は、生理前後に処理するのはやめましょう。

自己処理は正しい方法で行っても、肌には少なからずダメージを与えてしまいます。
カミソリで処理をしている方なら、お肌の乾燥を感じることが多いでしょう。
処理後は乾燥を促しますし、お肌の免疫力も一時的に低下するのです。
美肌のために脱毛しているのに、それがアダになってしまうわけです。
特に日焼け後の処理はダメージが大きいので避けてください。

Comments are closed.

最近の投稿